驚きの技術が詰まっているフリーズドライとは?

フリーズドライ食品と聞いて何を思い出しますか? フリーズドライは私たちの食生活の様々なシーンで登場しています。例えば、即席ラーメンに入っている焼豚やコーン、ネギなどの具材やブロックタイプの玉子スープやおみそ汁、最近では宇宙食にまで、フリーズドライの技術が活用されています。

「フリーズドライ」の特長は何と言っても、

味や香り・食感がそのまま栄養成分の変化が少ない長期保存性です。

フリーズドライとはマイナス約30度の凍結庫で凍結させたものを真空状態で乾燥させることです。素材の旨味成分と、
できたての美味しさをそのまま封じ込める最先端の乾燥技術です。

フリーズドライのパイオニア アマノフーズ

みずみずしいネギとの出会いからアマノフーズのフリーズドライがはじまりました。

みずみずしいネギとの出会いからアマノフーズのフリーズドライがはじまりました。

1960年代。フリーズドライのネギに接し、感銘を受けたことがすべてのはじまりでした。以来、その素晴らしさを私たちで再現したい、そして今までにない新しいものを作りたいという強い思いの中で、フリーズドライ技術をひとつひとつ積み上げていく作業が始まったのです。
現在、世界最大規模のフリーズドライ設備を完備し、「年間4,000万食出荷」のおみそ汁をお届けしています。 ※年間4,000万食達成(2013年1月〜2013年12月)自社通販(おみそ汁)出荷実績

人気のフリーズドライおみそ汁ができるまで「お母さんの手料理」に負けないぐらい丁寧に作っています!

1野菜など具材を調理→2みそ調味液を調理→3予備凍結→4凍結乾燥→5包装→6調理
  • 野菜など具材を調理

    1 野菜など具材を調理
    みそ汁に最適な量や大きさを考えながら調理します。

  • みそ調味液を調理

    2 みそ調味液を調理
    みそ調味液を作ります。ご家庭と同じように出し汁に具材を入れ、味噌を溶きます。

  • 予備凍結

    3 予備凍結
    あらかじめ調理した具材とみそ調味液を使って調理したものを容器に入れ、凍らせます。

  • 凍結乾燥

    4 凍結乾燥
    真空凍結乾燥機に入れて、凍らせた食品を真空状態にして水分を抜きます。

凍結乾燥の高い技術力が美味しいおみそ汁作りのポイントです

凍結後 減圧して真空状態にすると氷になった水分が昇華します。乾燥 もともと水分だった部分が空洞に。お湯を注ぐとこの空洞が埋まり、凍結前の状態に戻ります。
  • 包装

    5 包装
    乾燥させた商品を一つずつ小袋に入れて密封することで、風味と美味しさと安心をお届けします。

  • 調理

    6 調理
    お湯を注いで10秒。温かいおみそ汁の出来上がりです。

フリーズドライはお湯を注ぐだけで、誰でも手軽にお召し上がりいただけます。特に、こんな時にオススメなんです!

おすすめ1 オフィスや学校で、お弁当と一緒にどうぞ。おすすめ2 単身赴任の方や、ご高齢の方にもご家庭の味が手軽に楽しめます。おすすめ3 とっても軽いので、海外旅行やアウトドアにも便利です。
ページトップへ